*

アーシングとは?その効果とポイント

アース
アーシングとは、車のボディーを通してバッテリーに戻していたマイナス電流を追加ケーブルを使って直接バッテリーのマイナス端子へ戻すことです。

電気は基本プラスとマイナスが必要なため、コンセントも2極以上になっています。

3極コンセントの場合は、増えた一本がアース(GND)になります。
 

自動車の場合、ボディー全体がアース(マイナス)となり、バッテリーのマイナス端子に繋がっています。

「なぜボディーがアース(マイナス)」なのか、その背景には「バッテリーマイナスへの配線の量が減る」「コスト削減」「配線の簡略化」「車の軽量化など様々な理由があります。
 

そのような自動車メーカーの思惑とは別にアースケーブルを追加で取り付け、電気の流れをスムーズしようと考えたのがアーシングです。

ボディーアースまで自動車の電気の流れ

先ほどのボディーアースまでの流れなど家庭用とは少し違いますので、まずは簡略化した自動車の電気の流れは以下のようになります。
 

オルタネーター or バッテリー(プラス)」
  ↓
「スイッチリレー or ヒューズ」
  ↓
「(電装品)プラス端子」
  ↓
「電装品」
  ↓
「(電装品)マイナス端子」
  ↓
「ボディーアース」
  ↓ ← 配線を追加『アーシング』
「バッテリー(マイナス)」
 

このようにボディーアースを経由することでバッテリーマイナス端子へと電気が流れるため、追加で電装品を取り付ける場合などは、近くのボディーアースにアース線を引くだけとなります。

そして「ボディーアース」と「バッテリー(マイナス)」間に配線を追加することがアーシングです。
 

アーシングの取り付け方法

アーシングには通電性の高いケーブルが必要となります。

主にアーシングキットを利用しての取り付けが多い(マイナス端子への配線の連結キット(ターミナル)が付属しているため)ですが、その他にもホームセンターで販売されている配線を利用して自作するドライバーも少なくありません。
 

どちらでもアーシングの効果は変わりませんがボンネットを開けたときの見栄えを考え、マイナス端子へのターミナルキットが付属されているアーシングキットを購入する方が多いです。

整備工場を含め、チューニングカーは見せるための見栄えも必要ですので…。


アーシング キット

アーシング ターミナル

 

アーシング配線の取り付け設置個所

片方はバッテリーのマイナス端子に集合ターミナルなどを利用して取り付けますが、もっとも大事なのが配線の反対側です。

主な設置箇所として推奨されているのは、以下になります。
 

▼シリンダーブロック
スパークプラグやダイレクトイグニッションをカバー

オルタネーター
充電によるマイナスをカバー

▼ライトフレーム廻り
ヘッドライトなど高い光量を必要とする電力をカバー

▼車内インパネ裏側
ECUやカーナビ、車内電装品をカバー
 

上記の4か所をアーシングしておけば、一番効果が得られることかと思います。

その他にもスパークプラグから直接アーシングを行うなど、各メーカーから様々なアーシングキットが発売されていますので、アーシングに興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。
 

アーシングのその効果とは

効果
アーシングの効果は賛否両論・・・。

効果があったと答える人もいれば、「理論的にありえない」といった解説サイトを立ち上げている人もいます。
 

『そもそもアーシングで色々な効果が得られるならメーカー側がやっている』といった説が一番有力です。

一方、これまでボディーアースに電気の戻し作業を任せていたけど

・ボディーへの負担が大きい(マイナス電流が多い)
・ボディーは電気を通しやすい素材ではない
・コスト削減でケーブルの質や本数が減っている
・配線が簡略化(安物)されすぎて足りていない

などの理由から車のチューニングとして「アーシング」を行っている人も多いです。

そして・・・ 効果があっと答えた人の方が多いのは確かです!!

・ライトが明るくなった
・トルクが上がった
・レスポンス(吹け)がよくなった
・燃費が向上した

などの報告がホームページ、ブログに記載されています。

個人的には『燃費が向上した』など、ちょっと納得できない報告もあるものの、アーシングはチューニングを始めるには安価で簡単な方法です。

取り付けも難しくはなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

アーシングがディーラーオプション?その理由とは

メーカー、車種によって多少異なるが、自動車ディーラーがオプション装備としてアーシングを起用・採用しています。いました?

これがメーカーオプションなのか、ディーラーオプションなのかはわかりませんでしたが、自動車業界もアーシングの効果を認めたことにもなります。
 

ただの売上向上だけとも思えますが、まったく効果がないものを売りつけるわけにはいきませんし、これまでもそのようなことはありませんでした。

本格的にアーシングに効果があるようにも思えてきましたがエコカー競争が激しい昨今、アーシングひとつで燃費が上がるのであればメーカーも適切な設計をしているはずとは思うのですが…。
 

アーシングは古い車ほど効果がある

重要なアーシングの設置ポイントがエンジンルーム内にあるように、純正のアースケーブルも熱や年数による劣化が否めません。

車検の際にはエンジンルームの洗浄も行うことから、サビによる効果の低下もありえます。
 

このようなことから古い車にアーシングを施すと、シンプルながらも大きな効果が得られることが多いです。

主に、『エンジンの始動がスムーズになった』『ヘッドライトが明るくなった』だとは思いますが…。

 

なんにせよ、まったく効果がないとは言えないアーシングは、チューニングではないにしろ車を長く効率的に乗るために試してみてもいいと思います。

『Amazonで星4つ』 以上のおすすめ商品

『LEDエンブレム』

昼間に取り付けした時はあまり目立ちませんでしたが、夜に点灯させるとその格好良さに言葉を失いました。 (続く:※引用)

『ヘッドアップディスプレイ』

  • フロントガラスにディスプレイでメーターを投影!
  • 診断コネクターと連動するだけで起動!
(続く:※引用)

『手動式オイルチェンジャー』

オイルパンの底に溜まったヘドロのような汚れまで吸い上げてくれていました。 オイル管理の悪い車では、金属片のようなものまで綺麗に吸い上げてますね。 (続く:※引用)

関連記事

パイプ

フューエルパイプとは?動きの必要がない燃料の通路

フューエルパイプとは、フューエルタンク(燃料タン

記事を読む

再利用

チャコールキャニスターとは?役割と見合う点検・交換時期はない!

チャコールキャニスターとは、燃料タンク(フューエ

記事を読む

ウエストゲートバルブ

ウエストゲートバルブとは?ブローオフバルブとの違い

ウエストゲートバルブとは、ターボチャージャーによ

記事を読む

大量の荷物

フューエルタンクとは?燃料を溜める燃料タンクのこと

フューエルタンクとは、燃料を溜めるタンク、燃料タ

記事を読む

オイルクーラー

オイルクーラーとは?構造から考えるその効果

オイルクーラーとは、エンジンオイルやギヤオイ

記事を読む

アース

アースとは?アース線を色で識別するは危険!?

自動車のアースとは「グランドアース(ボディーアー

記事を読む

ウォッシャータンク

ウインドウォッシャーとは?色々な種類のウォッシャー液

ウインドウォッシャーとは、ワイパーと連動してフロント

記事を読む

インタークーラー

インタークーラーとは?ターボとの仕組み

インタークーラーとは、過給装置(ターボチャージャ

記事を読む

ホース

フューエルホースとは?定期点検・交換のないちょっと不安なホース

フューエルホースとは、フューエルタンク(燃料タン

記事を読む

エアクリーナーエレメント

エアクリーナーエレメントとは?目詰まりによる燃費への影響

エアクリーナーエレメントとは、エアフィルターとも呼ば

記事を読む

PAGE TOP ↑