*

アクセルとは?アクセルワークに左足ブレーキの危険性

運転
アクセルとは、車の加速器(加速ペダル)のことを指し、正式名称は「アクセラレータ(アクセレレータ)」と言います。

自動車のアクセルペダルのことで、従来はワイヤーによってスロットルバルブと繋がっています。
 

最近では電子スロットルといった電子制御のため、アクセルペダルとスロットルバルブ間のワイヤーがないタイプがほとんどです。

安全のため電子制御と併用してアクセルワイヤーのある車種もありますがそれは昔の話で、電子スロットルが普及するにつれアクセルワイヤーを使用している車は少なくなっています。

アクセルとアクセルワーク

アクセルペダルの踏みしろ(踏みこみ量)を調整しながら運転することをアクセルワークといいます。

このアクセルワークですが、アクセルペダルを踏むだけなので単純でドライバー誰でもできているように感じますが、実は奥深くて難しく、燃費向上・消耗部品の節約のことを考えたアクセルワークとなると、9割以上のドライバーはできていません。
 

アイドリングストップなんて目じゃありません!

アクセルワークによって燃費が飛躍的に向上しますし、消耗部品が長期間使えるので部品代(維持費)の節約にもなります。
 

アクセルの踏みこみ量を意識しながら運転すると、奥深さがわかって運転が楽しくなりますよ。

また、アクセルワークによる運転方法は別の記事に記載します。
 

右足アクセル・左足ブレーキ

アクセルペダルとブレーキペダルを間違えてお店に車が突っ込むといった事件が発生していることもあり、最近では「右足でアクセル」「左足でブレーキ」といった方法で運転している方が増えているようです。

『恐怖を感じたら体を突っ張るからブレーキペダルに左足をのせてた方が安全!』なんて屁理屈をいうドライバーも増えています。
 

たしかに人は恐怖を感じた時に足を突っ張る傾向がありますが、みなさん利き足はどちらですか?

『右足』の方がほどんどだと思われます。
 

そうすると体を突っ張った時の踏みこみ量が違うので(ペダルの高さも違いますが)、1500~2000ccクラスで約150~230馬力(16~23トルク)の車を利き足ではない左足で止めなくてはいけません。

止めれますか?左足で…。
 

また、ハイブリッドカーになると1500ccでも発進時は300馬力近いパワーがでています。

そんなパワーをブレーキで、左足なんてもっと無理です。

海外では左足ブレーキが合法とされている地域もありますが、その地域は左足ブレーキが原因でお店に突っ込む事故が多発しています。

テレビで海外のVTRが流れるのはそのためです。

車の台数は同じぐらいだとしても、日本の場合は防犯カメラの台数が多いのに紹介されるVTRが少ないのは、まだ左足でブレーキをする人が少ないからです。

また左足をブレーキペダルに乗せていると、フットレストで体を支えることができず車のコントロールが難しくなり、ちょっとしたブレーキングでさえ急ブレーキになってしまうといった傾向にあります。

そしてブレーキペダルに足を乗せ運転することでブレーキランプを付けたまま(ブレーキランプはブレーキングが始まった時に点灯するわけではありません)走行しているドライバーもいます。
 

メリットよりデメリットの多い左足を使ったブレーキ操作は、絶対にしないでください。

公道はサーキットではありませんし、プロの真似をする場所ではありません。
 

秘密のシステムを採用?

左足ブレーキを使ったアホドライバーのために、ブレーキペダルを踏んだ状態ではアクセルペダルを踏み込んでもパワーが出ないように電子スロットルを調整するようになっている?なるかもしれないそうです。

ストールテスト(ATミッションの不具合点検)を行ってもそのような機能が働いたことはないので、まだ採用されていないのかもしれませんが…。

『Amazonで星4つ』 以上のおすすめ商品

『アクセルペダル』

可変アジャスト機構を採用したペダルにヒールプレート無段階可変が可能。高さ調整機構付。高剛性アルミ合金製。 (続く:※引用)

『ヘッドアップディスプレイ』

スピード情報やエンジン回転数はもちろん。燃料消費情報、バッテリー状態、最高速度など、安全運転に欠かせない情報を分かりやすくお知らせ (続く:※引用)

関連記事

内張り剥がし

内張りとは?内装のキズは目立つので取り外しに注意

内張りとは、自動車の車内内側のパネル全体を指す総称で

記事を読む

ステアリング

コラプシブルステアリングとは?ハンドルに体や頭をぶつけた時の衝撃吸収

コラプシブルステアリングとは、追突事故などドライ

記事を読む

インストルメントパネル

インパネとは?ダッシュボードとは違います

インパネとは、運転席正面ダッシュボードに組み付け

記事を読む

肘掛

アームレストとは?後付け可能な汎用品&純正品!

アームレストとは、座席(シート)横に取り付けてあ

記事を読む

緩い

フォースリミッター(ロードリミッター)とは?シートベルト体への負担軽減装置

フォースリミッター(ロードリミッター)とは、シー

記事を読む

衝撃

衝撃吸収パッドとは?ステアリングホイールパッドで衝撃吸収

衝撃吸収パッドとは、自動車ではハンドル(ステアリ

記事を読む

エアコンフィルター

エアコン(カーエアコン)とは?花粉・粉塵を取り除くエアフィルター

カーエアコン(エアコン)とは、エアーコンディショナー

記事を読む

コンビネーションメーター

コンビネーションメーターとは?車のメーターの見方

コンビネーションメーターとは、運転席前方インスト

記事を読む

ゆるい

テンションリデューサーとは?シートベルトの圧迫感を軽減する装置

テンションリデューサーとは、シートベルト装着時の

記事を読む

エアバック

エアバック(SRSエアバック)とは?作動(展開)の条件

エアバック(SRSエアバック)とは、衝突事故の瞬間、

記事を読む

PAGE TOP ↑