*

鋳造とは?複雑な形の金属を「非切削加工」で作り出す!

溶岩
鋳造(ちゅうぞう)とは、溶融状態の金属を鋳型(いがた)に流し込んで形を成型する方法で、「非切削加工」で形成した物をさします。

また、鋳造で作ったものを鋳物(いもの)といいます。
 

鋳型の種類

▼砂型
設計自由度が高く様々な鋳型を作ることができる反面、鋳物を取りだすのに砂型を壊すので、毎回砂型を他の工程で作り直さなければいけません。
製造コストが高くなるというデメリットがあります。

▼金型
綱型と異なり一度作った金型は使いまわすことができます。
ただ、ひとつの金型が高価であり、特別な技術が必要となります。
 

鋳造の特徴

鋳造で製造されたアルミホイールなどの表面は粗く、寸法の精度が悪いので表面を削るなどの再加工が必要となるが、複雑な形状、大きなものでも容易に安く作ることができます。

また製品の精度を高めるための「精密鋳造」があったり、「遠心鋳造法」や「ダイカスト鋳造法(圧力注入法)」などにより、より高品質な綱鋳造が可能となっています。
 

鋳型のデメリット

鍛造に比べ金属粒子が緻密でないため強度を高くするのに、ある程度の肉厚が必要となります。

そのため、鍛造に比べ重量が重くなります。

関連記事

ブレーキ

エンジンブレーキとは?燃費向上にも繋がるブレーキ

エンジンブレーキとは、走行中にアクセルを戻したり、ギ

記事を読む

青い炎

アフターファイヤーとは?原因と対策、やり方まで

アフターファイヤーとは、エンジン内部で燃焼しきれ

記事を読む

鍛造

鍛造とは?メリット・デメリット

鍛造(たんぞう)とは、金属を加熱した後、ハンマー

記事を読む

アイドリング

アイドリングとは?燃料消費量からアイドリング回転数の調整?

アイドリングとは、エンジン始動後の無負荷状態(何

記事を読む

排気

排気量とは?総排気量の計算方法&公式

排気量とは、エンジンがシリンダー内へどれほどの空

記事を読む

電動インパクトレンチ

インパクトレンチとは?タイヤを外す電動式も…

インパクトレンチとは、タイヤや19mm以上のボルトを

記事を読む

コンビネーションメーター

ウォーニングランプとは?点灯で車の異常を知らせる警告灯

ウォーニングランプとは、エンジン制御や油圧など各シス

記事を読む

自動車整備

自動車整備士とは?資格は国家資格

自動車整備士とは、自動車を整備(点検・分解・組立

記事を読む

蒸気

暖機運転に時間は不要!必要性を考える

暖機運転とは、エンジン始動後の一定時間、低負荷で

記事を読む

キャビテーション

キャビテーションとは?気泡が配管を破壊

キャビテーションとは、エンジン冷却水(LLC)な

記事を読む

PAGE TOP ↑