*

エアブレーキとは?制動力の確保、音のなる仕組み

エアブレーキとは、空気ブレーキともいい、ブレーキペダルを踏み込んだ際の力をブレーキフルードを使ってブレーキピストンへ伝えるのではなく、圧縮空気を使用して力を伝えています。
 

通常(普通自動車)のブレーキブースター(倍力装置)が負圧(エンジンが空気を吸い込む力)を利用して制動力(ブレーキ力)を増幅させていますが、エアブレーキの場合は圧縮空気を使って制動力を増幅させています。

そして通常の車とは異なり圧縮空気の送り込む量、圧力の高さによって制度力を制御しているのため、大きな(車両総重量に合わせた)ブレーキ力は圧力の高さを調整することによって確保(設定)することができます。

デイトナ ブレーキエア抜きポンプ
デイトナ ブレーキエア抜きポンプ

大型トラックや観光バスといった大型車両にエアブレーキが用いられるのは上記のような理由があるためです。
 

エアブレーキの連結

エアブレーキは油圧ブレーキとは異なり、エア抜き作業が必要ありません。

そのためトラックが荷台を連結する際、エアホースを繋げるだけで荷台のブレーキシステムが使えるようになります。
 

連結が必要な大型トラックはもちろん、鉄道車両の電車(荷台列車)にも使用されています。
 

エアブレーキの音

時折大型トラックや観光バスから聞こえる「プシュー」音は、エアブレーキから圧縮空気が抜ける音です。

その音からも、エアブレーキを使用しているか判断できます。
 

圧縮エアーは、ギヤチェンジ、バスなどの扉にも利用されています。

関連記事

キャンバー

キャンバーとは?アライメントにおける役割

キャンバーとは、アライメント三大要素のひとつで、

記事を読む

エアサスペンション

エアサスペンション(エアサス)とは?後付けの可能なお値段は

エアサスペンションとは、エアサスと略されることもあり

記事を読む

キャスター

キャスターとは?ハンドル直進性をつかさどるアライメント

キャスターとは、アライメント三大要素のひとつで、

記事を読む

キングピン軸

キングピンアングルとは?オフセットからわかるアライメント

キングピンアングルとは、車を正面から見たときの「キン

記事を読む

ショック

ショックアブソーバーとは?構造からわかる衝撃吸収の役目

ショックアブソーバーとは、サスペンションを構成す

記事を読む

立体駐車場

サイドブレーキとは?仕組み!オートマにも必要

サイドブレーキとは、駐車時などに自動車が動かない

記事を読む

サスペンション

アクティブサスペンションとは?減衰力の制御&車内コントローラー

アクティブサスペンションとは、車内に設置されたス

記事を読む

PAGE TOP ↑