*

エアサスペンション(エアサス)とは?後付けの可能なお値段は

エアサスペンションとは、エアサスと略されることもありますが、「空気バネ」「エアクッション」とも呼ばれ、従来の金属製バネの代わりにエアスプリング(空気のバネ)を用いたサスペンションのことです。
 

サスペンションの基礎となるコイルスプリングやショックアブソーバーの代わりに、ゴム風船を利用していると考えるとわかりやすいと思います。

ゴム風船なので金属製バネと異なり細かい振動を吸収して乗り心地が良く、風船内の圧縮エアーを調整することによって車高を変化させることができます。
 


( ↑ 後付けでエアサスを取り付けることも可能です。ただしお値段が…)
 

観光バスなど乗客の乗り降りの際に車高が下がるのは、ドライバーがエアサス内の圧縮エアーを調整しているからです。

また高速走行時、一定のスピードを超えると自動で車高を下げ、運動性能(走行安定性)を向上さることができます。
 
 
メリットだらけのエアサスペンションですが、採用するにあたってコンプレッサーなどの補記類が多く高価なため、一部の高級車や観光バスなどにしか採用されていません。

またデメリットとして従来のサスペンションに比べ耐久性が低く、部品の製造コストが高いため、修理代が高くなるといったデメリットがあります。

関連記事

サスペンション

アクティブサスペンションとは?減衰力の制御&車内コントローラー

アクティブサスペンションとは、車内に設置されたス

記事を読む

ブレーキエア抜きポンプ

エアブレーキとは?制動力の確保、音のなる仕組み

エアブレーキとは、空気ブレーキともいい、ブレーキペダ

記事を読む

キングピン軸

キングピンアングルとは?オフセットからわかるアライメント

キングピンアングルとは、車を正面から見たときの「キン

記事を読む

キャンバー

キャンバーとは?アライメントにおける役割

キャンバーとは、アライメント三大要素のひとつで、

記事を読む

立体駐車場

サイドブレーキとは?仕組み!オートマにも必要

サイドブレーキとは、駐車時などに自動車が動かない

記事を読む

キャスター

キャスターとは?ハンドル直進性をつかさどるアライメント

キャスターとは、アライメント三大要素のひとつで、

記事を読む

ショック

ショックアブソーバーとは?構造からわかる衝撃吸収の役目

ショックアブソーバーとは、サスペンションを構成す

記事を読む

PAGE TOP ↑