*

ECU(エンジン・コントロール・ユニット)とは?自動車のコンピューター

ECUとは、「エンジン・コントロール・ユニット」、または「エレクトロニック・コントロール・ユニット」の略で、車に搭載されているコンピューターのことです。

当初は点火時期や燃料噴射タイミングといった、エンジンの基本となる制御のみをしていましたが、年々厳しくなる排ガス規制や消費者が求める燃費に合わせ、エンジンが制御も高度化したためECUといったコンピューターを車に搭載するようになりました。
 

現在販売されている自動車は、全て電子制御化されており、各センサーからの情報をECUがクルマの状況に合わせ、理想となる「燃料噴射量」を調整したり、「点火時期」の進角・遅角、各「動弁機構」などを制御してます。

また、エンジン制御だけではなく、AT、CVTなどトランスミッションの制御、ABS、EBDの制動系など、車の進化に伴いECUの役割も多様化しています。
 

純正ECUと社外ECUの違い

市販車の純正ECUは、バランス型

パワーと燃費を両立させるように制御され、排ガス、騒音など阻害要因を極力排除するようにセッティングされています。
 

社外ECUは、スポーツ型

スピード、および回転リミッターのカットに加え、限界ギリギリまでエンジンパワーを引き上げます。

社外ECUはパワーに特化した、チューニングパーツとして販売されています。
 

ECUの機能(メリット)

ECUによってエンジン性能(出力向上)はもちろん。
燃費の向上、環境問題の解決に役立っています。
 

ダイアグノーシス(自己診断機能)

ECUに入力される信号に異常が発生した時にドライバーや整備士に不具合を知らせたり、不具合が発生した瞬間のデータを記憶できるなど、修理の際の参考材料(資料)となります。

一度記憶されたデータを消すには、ECUをリセットする必要があります。
 

フェイルセーフ

ECUへの入力信号に異常が発生した場合、入力信号をECU内に記憶されている標準値(基準値)に切り替えることで、車の走行を可能にします。
 

バックアップ機能

ECUに異常が発生すると、バックアップICによる固定信号に切り替え出力することによって、車を走行可能にします。
 

ECUの問題点(デメリット)

車の制御が「機械式」から「電子式」に変わったことから、不具合が発生しても簡単に修理ができなくなってます。
 

ECUの故障データを読み取るための「外部診断機」の値段が高く、アクティブテスト可能な外部診断機は約50万円ほどします。

また、自動車メーカーごとに必要なソフトが異なるため、買い揃えるのは難しいです。

そのため民間の整備工場などは、マルチタイプの外部診断機を使用しています。

関連記事

ランプ

ハイマウントストップランプとは?車検を通すための保安基準

ハイマウントストップランプとは、リヤガラスに中央

記事を読む

ウインカー

ウインカーとは?ウインカーポジションの保安基準

ウインカーとは、正式名称「ターンシグナルランプ」

記事を読む

オルタネーターカットモデル

オルタネーターとは?部品の役割

オルタネーターとは、ACジェネレーター、ダイナモ

記事を読む

ライト

コーナリングランプとは?自作キットで後付け

コーナリングランプ(ライト)とは、旋回方向を照ら

記事を読む

クリアランスランプ

スモールランプとは?ポジションランプ?青色LED交換後の車検

スモールランプとは、クリアランスランプ、ポジショ

記事を読む

PAGE TOP ↑