*

排気量とは?総排気量の計算方法&公式

排気
排気量とは、エンジンがシリンダー内へどれほどの空気(混合気)を吸入・排気できるかシリンダーの容積を数値で表したものです。

基本的に排気量が大きいエンジンほどパワー(出力)があり、自動車の重量に合わせエンジンの排気量も大きくなる傾向にあります。

また、高級車や大型スポーツカーに大排気量のエンジンが採用されています。
 

乗用車の自動車税額は排気量に基づいて定められています。
 

排気量の計算方法

排気量は、ピストンがもっとも低い位置(下死点)から、もっとも高い位置(上死点)までの範囲のシリンダー容量となります。

通常、cm³(立方センチメートル)、またはℓ(リットル)で表します。
(「1ℓ」=「1000cc」)
 

▼排気量計算式

半径 × 半径 × 円周率(3.14)× ストローク = 排気量

排気量 × 気筒数 = 総排気量
 

排気量アップチューニング

自動車やバイクなど、エンジンの出力アップには「ボアアップ」と「ストロークアップ」の2つの方法があり、2輪車では一般的にボアアップによるチューニングが盛んに行われています。

バイクとは逆に、自動車のエンジンはシリンダー壁が薄くボアアップするのは危険とされています。
(詳しくはわかりませんが、私の周りでボアアップした車はありません)
 

自動車の場合、ボアアップやストロークアップによる排気量アップではなく、ターボなど過給機を使用したチューニングが一般的です。

 

ボアアップ、ストロークアップ、過給器など、排気量など充填容量が上がると、そのぶん燃料を多く噴射するため、燃費が悪くなります。

関連記事

シフトチェンジ

シフトチェンジとは?オートマ車ATシフトの動き

シフトチェンジとは、車のシフトレバー(セレクトレ

記事を読む

青い炎

アフターファイヤーとは?原因と対策、やり方まで

アフターファイヤーとは、エンジン内部で燃焼しきれ

記事を読む

維持費

消耗部品とは?使用限界・期間を守ろう

消耗部品とは、自動車の機能を保つ上で、いずれは交

記事を読む

自動車整備

自動車整備士とは?資格は国家資格

自動車整備士とは、自動車を整備(点検・分解・組立

記事を読む

蒸気

暖機運転に時間は不要!必要性を考える

暖機運転とは、エンジン始動後の一定時間、低負荷で

記事を読む

チェックマーク

合いマークとは?ペンマーク、刻印には意味がある

合いマークとは、カウンターマークとも言われ、タイ

記事を読む

ホイール

インチ(インチアップ)とは?燃費へのメリット、デメリット

インチアップとは、タイヤの外径を変えずにホイール

記事を読む

鍛造

鍛造とは?メリット・デメリット

鍛造(たんぞう)とは、金属を加熱した後、ハンマー

記事を読む

コンビネーションメーター

ウォーニングランプとは?点灯で車の異常を知らせる警告灯

ウォーニングランプとは、エンジン制御や油圧など各シス

記事を読む

溶岩

鋳造とは?複雑な形の金属を「非切削加工」で作り出す!

鋳造(ちゅうぞう)とは、溶融状態の金属を鋳型(い

記事を読む

PAGE TOP ↑