*

過給機とは?その種類と構造

過給機とは、エンジンへ強制的に空気を送り込むことで圧縮された空気(圧縮空気)により、通常よりも大きなエンジン出力を可能とする装置です。
 

もともと空気の薄い高々度を飛行する、飛行機のために開発された技術です。

エンジンの出力を増すのに「排気量を増やす」「空気の充填効率を上げる」ことが最も簡単とされていたため、空気を強制的に送り込むことで充填効率を上げる、過給機が開発されました。

更に日本では、安価で低排気量エンジンに高パワーをもたらすため、軽自動車などを中心に搭載されています。
 

過給機の種類

▼ターボチャージャー

排気タービン式ともいわれ、エンジンの排気ガスを利用して内部のフィンを回転させることで、空気を強制的に送り込んでいます。

ターボ車といわれる過給機付きの自動車の中では、このターボチャージャーが一番普及しています。
ターボリビルト

▼スーパーチャージャー

機械駆動方式ともいわれ、エンジンの力をベルトを介し利用してコンプレッサーを回転させています。

電磁クラッチによってプーリーの「ON/OFF」を制御していますが、一部改造することで任意での制御が可能です。
 

▼ツインターボ

小型のターボチャージャーを2基搭載し、高回転域での排気ガスのポンピングロス、タービンの効率低下を解消するように設計されています。

高排気量、多気筒エンジンなど、エンジンルームが広い車に搭載されます。
 

▼シーケンシャルターボ

小型のターボチャージャー、大型のターボチャージャーとエンジンの状態によってタービンを使い分けるのが、シーケンシャルターボです。

ターボチャージャーのバイパスバルブを利用し、小型タービンからバイパスされた排気ガスを大型タービンの回転に利用し、2段階で高出力を得ることが可能です。
 

▼ツインチャージャー

スーパーチャージャーとターボチャージャーの2種類を搭載したエンジンです。
(スーパーターボという呼び名でも有名です)

低中回転域ではスーパーチャージャーを、中高回転域ではターボチャージャーを使用することで、全ての回転域で効率よく過給による高出力を得ることが可能です。

関連記事

再利用

チャコールキャニスターとは?役割と見合う点検・交換時期はない!

チャコールキャニスターとは、燃料タンク(フューエ

記事を読む

配達

フューエルデリバリーパイプとは?燃圧を一定に保つ役割がある

フューエルデリバリーパイプとは、電子燃料噴射式自

記事を読む

パイプ

フューエルパイプとは?動きの必要がない燃料の通路

フューエルパイプとは、フューエルタンク(燃料タン

記事を読む

ウォッシャータンク

ウインドウォッシャーとは?色々な種類のウォッシャー液

ウインドウォッシャーとは、ワイパーと連動してフロント

記事を読む

アース

アースとは?アース線を色で識別するは危険!?

自動車のアースとは「グランドアース(ボディーアー

記事を読む

フィルター

フューエルフィルターとは?交換必要なのかフューエルフィルターの交換時期

フューエルフィルターとは、フューエルポンプのスト

記事を読む

エアクリーナーエレメント

エアクリーナーエレメントとは?目詰まりによる燃費への影響

エアクリーナーエレメントとは、エアフィルターとも呼ば

記事を読む

アース

アーシングとは?その効果とポイント

アーシングとは、車のボディーを通してバッテリーに

記事を読む

大量の荷物

フューエルタンクとは?燃料を溜める燃料タンクのこと

フューエルタンクとは、燃料を溜めるタンク、燃料タ

記事を読む

オイルクーラー

オイルクーラーとは?構造から考えるその効果

オイルクーラーとは、エンジンオイルやギヤオイ

記事を読む

PAGE TOP ↑