*

軽量化で燃費向上!手軽にできる軽量化の方法

重い
車の重量と燃費 or チューニングの関係はとても有名です。
どこのサイトを覗いても軽量化は燃費向上 or チューニングの基本」と紹介しています。

それだけ車の軽量化にはメリットがあり、燃費の向上に繋げることができます。
 

それほどまでに軽量化が重要視される理由は、車が重ければ重いほど動かすのに大きなパワーが必要だからです。

また、そのパワーを作りだすのに、多くのエネルギー(燃料)が必要となるからです。
 

手軽に軽量化!DIYの方法

▼燃料タンクの軽量化

およそ「40~80リットル」の燃料を給油することができる燃料タンクを、常に満タンにしておく必要はありません。

遠出の予定がなければ、燃料メーターのゲージを半分程度に留めておけば、約20~40リットルの燃料による軽量化ができます。

ガソリン1リットルあたりの比重は「0.73~0.76」です。
5リットルの重さは「3.65~3.8kg」となり、10kgの軽量化には「13~14リットルのガソリン」を減らす必要があります。

給油方法は、金額指定「○○円分」で給油となります。
小銭を使用しないので、ガソリンスタンドの店員に好まれる給油方法です。

ただし、ガソリンスタンドに行く回数は増えます。
 

▼荷物を載せずに軽量化

軽量化の基本「余計な荷物を載せない」ことが一番です。

トランクルーム、シートの下などを整理し、洗車道具、ゴルフバックなど、普段の運転で必要とならない荷物は車から降ろし軽量化しましょう。
 

徹底的に軽量化

軽量化ダイエット
レース車両など、チューニングとして徹底的に軽量化に取り組む人には限度がありません。
快適装備を取り外す技術も必要となるので、参考程度として下さい。

上から順に容易に軽量化でき、下に進むにつれお金がかかったり、快適装備を取り外すことになります。
 

・ボンネット、トランクの防音材を外す
・スペアタイヤを外す
・ハンドルを変更する
エアバックを取り外す
・シフトノブに軽量品を使う
・軽量アルミタイヤに変更する
・マフラーを社外軽量品に変更する
・ボンネットをカーボン or FRPに変更する
・灰皿、小物を外す
・スピーカーを外す
・オーディオ、カーナビを外す
・バッテリーをバイク用にする
・カーエアコンを外す
・センターコンソールを外す
・ドアインストルメントパネルを外す
・後部座席を外す
内張りを外す
・フロアマットを外す
・アスファルトシート(遮音材)を外す
・天井を外す
・内装塗装を剥がす
・ガソリンタンクを小型化する
・ガラスをアクリル板に変える

ドライバー自身がダイエット(軽量化)する
 

メリット!軽量化の効果

▼燃費の向上

冒頭で記載したように、重量の変化によるアクセルの踏み込み量の変化、燃料噴射量が変化します。
 

▼タイヤが長持ち

車の軽量化で、タイヤへの重量負担が減ります。

ブレーキを踏んだ時のタイヤの踏ん張り量(車の慣性力)、カーブでの横G(ロールセンターにかかる遠心力)が減ることでタイヤへの負担が減り、結果タイヤが長持ちします。
 

▼ブレーキパッドが長持ち

軽量化によってブレーキング時、車が前に進もうとする力(慣性力)が少なくなるので、ブレーキの踏み込み量が減り、消耗部品であるブレーキパッドの使用量が減り長持ちします。
 

軽量化の必要性を感じるとき

軽量化の必要性は、排気量の小さい軽自動車の運転で感じやすいです。

軽自動車の場合、一人で運転しているときとフル乗車(車両総重量に近い)で運転すると、エンジンの音、もしくはアクセルの踏み込み量が違うことに気づきます。

それは搭乗者によって車両総重量が増え、普段通りの運転をするにはエンジンのパワー(出力)不足であり、そのパワー不足を補うためにアクセルを踏み込みパワーを増強(増量)しているのです。

「アクセルを踏み込む」 = 「ガソリンの使用量が増加」 = 「燃費が悪い」
 

これは普通乗用車、高排気量車両でも同じです。

エンジンの音やアクセルペダルの踏み込み量に変化がないと思っていても、重量が増えることによって確実に燃費は悪くなります。
 

車の軽量化にはメリットしかありません。

燃費や維持費を考えるのなら、軽量化に取り組んでみてはいかがでしょうか。

『Amazonで星4つ』 以上のおすすめ商品

自動車軽量化のための生産技術

設計、塑性加工、鋳造、接合、リサイクルの各観点から自動車の軽量化に関わる材料技術、生産技術の動向および将来展望を解説したものです。 (続く:※引用)

りくかいくう。 (イカロス・ムック MC☆あくしずMOOK)

何となく「艦これ」「陸これ」「空これ」とか空耳が聞こえてきそうですが 元が同人誌のまとめと加筆なので持ってる方は加筆部分を、持ってない方はそのまま色々楽しめます。この本を通して、是非とも来年度は総火演に行きたいと思いました! (続く:※引用)

やせる! 体幹チューニング

「体幹チューニング」とは、「おなかを押す」「両腕を大きく回す」という 体幹のバランスを整える2つの簡単な動作です。この動作によって体幹が整えば、その場でウェストが細くなって、体が引き締まっていきます。 (続く:※引用)

ミニ四駆【神テクチューニングガイド】

読んでみると実に興味深くて為になる内容が書かれてました。 何しろ作者本人が体験して感じて研究したことが惜しみなく書いてあるじゃないですか! 間違い無く持っていて損はしないと思います。 漫画も本職だけあって面白いと思いました。 (続く:※引用)

関連記事

維持費

消耗部品とは?使用限界・期間を守ろう

消耗部品とは、自動車の機能を保つ上で、いずれは交

記事を読む

排気

排気量とは?総排気量の計算方法&公式

排気量とは、エンジンがシリンダー内へどれほどの空

記事を読む

コンビネーションメーター

ウォーニングランプとは?点灯で車の異常を知らせる警告灯

ウォーニングランプとは、エンジン制御や油圧など各シス

記事を読む

シフトチェンジ

シフトチェンジとは?オートマ車ATシフトの動き

シフトチェンジとは、車のシフトレバー(セレクトレ

記事を読む

アイドリング

アイドリングとは?燃料消費量からアイドリング回転数の調整?

アイドリングとは、エンジン始動後の無負荷状態(何

記事を読む

キャビテーション

キャビテーションとは?気泡が配管を破壊

キャビテーションとは、エンジン冷却水(LLC)な

記事を読む

青い炎

アフターファイヤーとは?原因と対策、やり方まで

アフターファイヤーとは、エンジン内部で燃焼しきれ

記事を読む

ブレーキ

エンジンブレーキとは?燃費向上にも繋がるブレーキ

エンジンブレーキとは、走行中にアクセルを戻したり、ギ

記事を読む

チェックマーク

合いマークとは?ペンマーク、刻印には意味がある

合いマークとは、カウンターマークとも言われ、タイ

記事を読む

電動インパクトレンチ

インパクトレンチとは?タイヤを外す電動式も…

インパクトレンチとは、タイヤや19mm以上のボルトを

記事を読む

PAGE TOP ↑