*

キングピンアングルとは?オフセットからわかるアライメント

キングピンアングルとは、車を正面から見たときの「キングピン軸」と「路面」との傾斜角を指し、アライメント要素のひとつです。
 

▼キングピン軸

キングピン軸
以前はキングピンという部品も実在しており搭載していた車両もありましたが、現代の自動車にキングピンが使われていることはなく、サスペンション上部の「アッパーマウント中心」から、ロアアームタイヤ側にある「ロアボールジョイント中心」が、現代のキングピン軸となります。
 

通常、調整できる車両はありません。
計測には「キャンバーキャスターキングピンゲージ」と「ターニングラジアスゲージ」を使用します。
 

キングピンアングルの役割

▼キングピンオフセット

キングピンアングルの角度が大きくなると、キングピンオフセットが小さくなり、「ハンドル(ステアリング)操作力の軽減」「キックバックの軽減」されます。

キングピンアングルが「0」だと、タイヤは路面と平行となり、タイヤからの衝撃が直接キングピンアングルに伝わります。
 

▼ハンドルの復元

旋回後、ハンドルから手を離すと直進状態に戻る性質を、キングピンアングルでも行っています。

また旋回時だけではなく、車体が浮き沈みした時にも直進方向へハンドルの復元性が働きます。

関連記事

ブレーキエア抜きポンプ

エアブレーキとは?制動力の確保、音のなる仕組み

エアブレーキとは、空気ブレーキともいい、ブレーキペダ

記事を読む

立体駐車場

サイドブレーキとは?仕組み!オートマにも必要

サイドブレーキとは、駐車時などに自動車が動かない

記事を読む

キャンバー

キャンバーとは?アライメントにおける役割

キャンバーとは、アライメント三大要素のひとつで、

記事を読む

ショック

ショックアブソーバーとは?構造からわかる衝撃吸収の役目

ショックアブソーバーとは、サスペンションを構成す

記事を読む

サスペンション

アクティブサスペンションとは?減衰力の制御&車内コントローラー

アクティブサスペンションとは、車内に設置されたス

記事を読む

エアサスペンション

エアサスペンション(エアサス)とは?後付けの可能なお値段は

エアサスペンションとは、エアサスと略されることもあり

記事を読む

キャスター

キャスターとは?ハンドル直進性をつかさどるアライメント

キャスターとは、アライメント三大要素のひとつで、

記事を読む

PAGE TOP ↑