*

駆動方式の違いによる分類と特徴

違い
自動車は、エンジンの搭載位置と駆動するタイヤ(駆動輪)の駆動方式による分類わけができます。

それぞれの方式には特徴がありメリット・デメリットがありますが、まずは駆動方式によって車を見分けることが大切です。
 

FR車(フロントエンジン・リヤドライブ)

FR車
エンジンを車両の前部に搭載し、後輪を駆動する方式です。

操舵輪と駆動輪が別々のため重量配分の調整がしやすく、操縦性に優れいています。
大型乗用車やスポーツカー、トラックなどに採用されています。
 

FF車(フロントエンジン・フロントドライブ)

FF車
エンジンを車両の前部に搭載し、前輪を駆動する方式です。

後輪への動力伝達装置がないのでコンパクトな作りとなっており、室内空間を広くできるのも特徴のひとつです。
小型乗用車や軽自動車に採用されています。
 

RR車(リヤエンジン・リヤドライブ)

RR車
エンジンを後車軸より後部に搭載し、後輪を駆動する方式です。

トランクルームにエンジンを載せているので(小型のエンジンであれば)室内空間を広くできます。
ただ、トランクルームが車両前部となり、他の装置(ブレーキ、操縦、冷却装置など)もあることから狭い(小さい)です。

一部のスポーツカーに採用されており、日本車で見かけることはありません。
 

MR車(ミッドシップエンジン・リヤドライブ)

MR車
エンジンを後車軸より前部に搭載し、後輪を駆動する方式です。

理想的な重量配分の自動車が設計可能となるため、MR車の多くは走行性能を重視した作りとなっています。
そのため車内空間が狭く、騒音、振動がドライバーの近い所で発生します。

一部のスポーツカーに採用されています。
 

4WD車、4輪駆動車(4ホイールドライブ車)

4WD車
前輪、後輪ともに動力を伝え、駆動する方式です。

雪道や悪路での走破性が特徴で、RV乗用車、トラックなどに採用されています。
また、寒冷地仕様の車両に4WDが多く採用されています。

『Amazonで星4つ』 以上のおすすめ商品

プロジェクトX 挑戦者たち ラストファイト 名車よ永遠なれ [DVD]

第1回日本グランプリで正攻法を貫き、結果的に大惨敗したプリンスが 独自のアイデアで今で云うエボリューションモデルの元祖であるS54型 スカGを生み出し第2回目の日本GPに必勝を託すが、他メーカーの策略で 送り込まれたポルシェ904が出走し、我が国のモータースポーツ史でも 名勝負と言われた一戦で惜敗する。2年後鈴鹿から富士へ舞台を移した 第3回日本GPでは、ポルシェを目標にした我が国初のプロトタイプレーシングカーR380で挑むが、またもや最新型ポルシェ906が立ちはだかりチーム戦の上勝利を得る。 (続く:※引用)

関連記事

止まる

自動車が「止まる」仕組み

自動車に要求される基本性能は、「走る」「曲がる」

記事を読む

車

自動車の定義

自動車の定義とは、動力を発生するために必要な「エ

記事を読む

自動車

自動車が「走る」仕組み

自動車に要求される基本性能は、「走る」「曲がる」

記事を読む

ハンドル操作

自動車が「曲がる」仕組み

自動車に要求される基本性能は、「走る」「曲がる」

記事を読む

PAGE TOP ↑