*

クラッチディスクとは?構造と役目

クラッチディスク
クラッチディスクとは、フライホイールとクラッチカバー内のプレッシャープレートとの間に挟まれてある摩擦版のことを指し、クラッチディスクへの回転(動力)はトランスミッションへと伝達されます。
 

接続(伝達)構造

摩擦版であるクラッチディスクを、エンジン側のフライホイールにクラッチカバー内のプレッシャープレートによって押しつける(圧着)ことでクラッチを「接続(伝達)」します。
 

切断(遮断)方法

プレッシャープレートによる圧着を止めクラッチディスクを離す(フリー)ことで、クラッチを「切断(遮断)」します。
クラッチディスクには特有のスリットが刻まれており、クラッチ「切断」時にはスリットの効力によって、自力でフライホイールから外れるようになっています。
 

クラッチディスクの構造

クラッチディスクは、エンジンの動力を伝え、接続時のショックを軽減、振動を軽減するなど、その役割の多さから構成部品も多岐にわたり、厳しい条件が求められます。
それら厳しい条件以上の働きを求めるとき、社外品などの強化クラッチが必要になってきます。
 

▼摩擦係数
クラッチディスクの摩擦係数が高すぎると、クラッチディスクがフライホイールに少し触れるだけでクラッチが急に繋がったりと、半クラッチのコントロールが難しくなります。
そのためクラッチディスクには、車両(エンジンの出力)に適した摩擦係数が求められます。
 

▼耐熱性
動力を繰り返し伝達・切断するため、摩擦面が耐熱性に優れていることに加えて、温度変化による摩擦係数の変化が小さいことが必要とされます。
 

▼耐久性
「摩擦係数を調整する」「耐熱性を上げる」、これらと同時に耐久性、耐摩耗性が高いことが求められます。
 

ショック軽減構造

▼ダンパースプリング

ダンパーラバーとも呼ばれ、クラッチディスクに取り付けられたスプリング(ゴム)によって「回転方向」の衝撃を吸収します。
クラッチの急な接続ショックを緩和するので、半クラッチなどのコントロールを補助します。
 

▼クッションプレート

クラッチディスクによってサンドイッチするように内部に組み込まれているのがクッションプレートです。
クラッチ接続時の「軸方向」の衝撃を吸収するので、エンジン及びトランスミッションへの接続ショック(ガタガタ振動)などを和らげ、乗り心地、接続をスムーズに行えるようにします。
超軽量クロモリフライホイール&クラッチKIT
戸田レーシング 超軽量クロモリフライホイール&クラッチKIT

関連記事

ATF

オートマチックトランスミッションフルード(ATF)とは?役割と交換時

ATFとは、Automatic Transmissi

記事を読む

トランスミッション

エレクトロニック・コントロール・トランスミッション(ECT)とは?電子制御のAT

エレクトロニック・コントロール・トランスミッション(

記事を読む

クラッチ

クラッチとは?伝達構造の仕組み

クラッチとは、前軸(エンジン)の動力を「伝達」、

記事を読む

クラッチカバー

クラッチカバーとは?種類による特性

クラッチカバーとは、マニュアルトランスミッション

記事を読む

PAGE TOP ↑