*

サーモスタットとは?故障から学ぶ原理

ダム水
サーモスタットとは、エンジン冷却水(LLC)の流れ(水路)をバルブの開閉により自動制御して、冷却水温を適温に保つよう調整するバルブ装置のことです。

通称「サーモ」
ローテンプサーモスタット エンジンの熱対策に
 

冷却水が低温(エンジンが冷えている)状態ではラジエーターへの水路を閉じ冷却水温が上昇するまで暖気を促進します。
その後温度上昇するとラジエーターへの水路を開き冷却水を循環させて水温冷却を促進させます。
 

サーモスタットのバルブは、約「80~85℃」で開き始め、全開に開くのは一般的に「95℃」とされています。
 

サーモスタットの故障とオーバーヒートの原理

オーバーヒート
サーモスタットの故障の多くは「固着」といって、動作不良を起こします。

バルブの開閉ができず「オーバーヒート(過熱)」もしくは「オーバークール(過冷却)」となります。
 

▼開いたまま故障したサーモスタット

エンジンがオーバークールとなり、なかなか冷却水温が上がらず暖房が使えません。

爆発・燃焼の熱を冷却水が吸収することでエンジンの温度上昇を防ぐことができますが、温められた冷却水はラジエーターへの水路が常に開いていることから外気によって冷やされ、エンジンが温まらずオーバークールとなります。

通常より水温計の上がるスピードが遅くなるなどの症状があるので一般の方でも気づきやすく、仮に気づかなくてもエンジンが壊れるような大きな故障になることはありません。

(オーバークールが原因で燃費が悪くなります)

アクセルを踏み込む必要のない下り坂を走行中に水温計が下がるなどすると、サーモスタットが開いたまま固着している可能性が高くなります。

 

▼閉じたまま故障したサーモスタット

エンジンがオーバーヒートとなり、最悪の場合エンジンが動かなくなります。

エンジンの熱を吸収する冷却水ですが、ラジエーターで冷却しなければ冷却水自体の放熱が間に合いません。
サーモスタットがラジエーターへの水路を閉じたまま固着しているので冷却水の放熱ができず、エンジンの温度を下げることができずオーバーヒートしてしまいます。

水温計が通常の位置(ニュートラル)より上昇、もしくは赤ランプが点灯しオーバーヒートの危険をドライバーに知らせます。
メーターの確認を怠らなければ気づきますが、多くの方は気付かずエンジンをオーバーヒートさせてしまいます。
 

サーモスタットが開いた状態、閉じた状態どちらで固着するかは(動作不良を起こすかは)、ドライバーの運次第です。
 

サーモスタットの構造と原理

サーモスタットは自動で水路(バルブ)を開閉しますが、様々な温度検知の方法があります。

・バイメタルや形状記憶合金による機械式検知
・ワックス粒の膨張
・サーミスタによる電気式検知
・熱電対による電気式検知
(wikipediaより)
 

▼制御位置の違い
サーモスタットの開弁温度は取り付け位置によって異なり、「入口制御式」と「出口制御式」があります。
 

▼ジグルバルブ
冷却水交換後のエア抜きや、冷却水通路中に残ったエアーを抜くためのエア抜き孔です。
交換時には必ずジグルバルブが上に来るように取り付けます。
 

▼ローテンプサーモスタット
純正品より開閉温度が低く、冷却効率のアップを狙ったサーモスタットです。
ローテンプサーモスタット エンジンの熱対策に
ローテンプサーモスタット エンジンの熱対策およびサーキットチューニングに有効です。
 

サーモスタットの交換時期

サーモスタットは消耗品でないことから定期的に交換する人もおらず、「故障修理」が一般的です。
また、交換までのスパンが長いため、「サーモスタットが故障した」なんて話を一般の方が聞くことはありません。

ただ、「故障修理」=「オーバーヒート」となることが多く、エンジンオーバーホールなどの修理代はかなり高額です。

簡単に修理代が10万円を超えます。
 

そこでサーモスタットの定期的な交換が必要となってくるのですが、こればかりは運もあるため、安心できる明確な数値等はありません。

そのため「10年10万キロ」、タイミングベルトと一緒にサーモスタットの交換を推奨いたします。
(近年タイミングチェーンが採用されており、タイミングベルトがありません)

また、同時にウォーターポンプの交換を行えば、ほとんどの冷却水が一度抜けるので、水まわりが新しくなったと思えます。
 

整備工賃は「4000円~8000円」程度ですが、オーバーヒートの修理費は「10万円」を超えますので、「10年10万キロ」定期的な交換を忘れないようお願いいたします。

『Amazonで星4つ』 以上のおすすめ商品

カーファン DC12V用 6インチ

軽自動の後部座席はエアコンを付けても後ろまであまり冷えなくて風を前から後部座席へ送るために購入した。 最初に見た感想は扇風機の首が貧弱で折れそうな感じでした。首降り機能はついているがすぐに壊れそうな感じでした。 使ってみての感じは風量が(弱)でも以外と強いです。(強)だと風量が凄くあり良い感じで後部座席まで涼しくなります。 (続く:※引用)

ディズニー・カーグッズ サンシェード <カーズ>

これを買った方はデザイン・インパクト>>>機能性なのでは? 満足です。他の学生の車も停まってますが、ダントツで目立ってます(笑) (続く:※引用)

車内を快適に ドライブ・キャンプ時の仮眠

災害時とかに寝袋の下に引くために買いました。良い感じで気に入りました。 (続く:※引用)

ヘッドライト 【実用点灯8時間】

単3電池1本稼動の手軽さを引き継ぎつつも 輝度UP、切り替え式になったアップグレードモデルです。 光は一点集中型で数値以上に遠くへ届く印象。 使用時間優先のLowモードでも十分明るい。 (続く:※引用)

フロントガラスにスピードメーターを投影!次世代型モニター

  • フロントガラスに緑と赤のデュアルカラーでメーターを投影!
  • 近未来の感覚で映像をご覧いただけます
  • OBD2と連動するだけで簡単起動!電源ケーブルも不要!
  • 取り付けも簡単!
  • ドライブに革新を!
(続く:※引用)

関連記事

エキゾーストマニホールド

エキゾーストマニホールドとは?エキマニ交換の効果とは

エキゾーストマニホールドとは、各シリンダーから排

記事を読む

アイドラ(滑車)

アイドラ(アイドルプーリー)とは?交換テンショナーとの違い

アイドラとは、「アイドルプーリー」「アイドルベア

記事を読む

調整

アジャストスクリューとは?アイドリング不調を調整

アジャストスクリューとは、通称「調整ネジ」ともい

記事を読む

エンジンオイル

エンジンオイルとは?役割と働き種類による違いなど

エンジンオイルとは、車の血液とも呼ばれるほど重要な役

記事を読む

オイルフィルター

オイルエレメントとは?オイル内の不純物を取り除くろ過装置

オイルエレメントとは、エンジンオイルの油路(通り穴)

記事を読む

インテークマニホールドプレッシャー計

インマニ(インテークマニホールド)とは?計算された分配管

インテークマニホールドとは、「インレットマニホールド

記事を読む

ダイレクトイグニッション

イグニッションコイルとは?高電圧への変圧器

イグニッションコイルとは、自動車・バイク等に使用され

記事を読む

ウォーターポンプ

ウォーターポンプとは?故障=水漏れが原因、適切な交換時期

ウォーターポンプとは、燃焼によって発生するエンジンの

記事を読む

コネクティングロッド

コネクティングロッドとは?構造と役割、各部名称

コネクティングロッドとは、レシプロエンジンにおい

記事を読む

クランクシャフト

クランクシャフトとは?回転バランスが重要

クランクシャフトとは、シリンダー内で発生した爆発

記事を読む

PAGE TOP ↑