*

消耗部品とは?使用限界・期間を守ろう

維持費
消耗部品とは、自動車の機能を保つ上で、いずれは交換が必要となる部品のことを指します。

自動車を構成する部品の中には、距離や時間によって定期的な交換が推奨される部品があり、このような消耗部品によって自動車が成り立っています。
 

▼摩耗によるもの

部品同士の擦れ合い(摩擦)によって役割を果たす消耗部品。

・タイヤ
・ベルト
・ブレーキパッド、ブレーキローター
・ベアリング、プーリー、ギヤ
…など
 

▼劣化によるもの

年数の経過や熱などの外的要素により劣化、交換が必要となる消耗部品。

エンジンオイル、冷却水、ブレーキフルード
・ワイパーゴム
・ベルト、タイミングベルト
・ブッシュ、ブーツ
・センサー
…など
 

▼汚れによるもの

性能低下、ろ過装置としての役目を果たし交換が必要となる消耗部品。

エンジンオイル、冷却水、ブレーキフルード
エアクリーナーエレメント、オイルエレメントフューエルフィルター
…など

当サイトでは「1リッター」に走行できる距離を「燃費」
燃料の消費量を抑え、1リッターの走行距離を伸ばすことを「燃費向上」
消耗部品の消費を抑えることを「節約」
消耗部品の消費を抑えた運転方法を「節約運転」としています。

 

消耗部品を無理して使うと

消耗部品には交換時期(使用期間および使用限界)があります。

これらを無視して限界以上に消耗部品を使うことは危険であり、大きなしっぺ返しにより、高額な修理代が必要となります。
 

また高性能化された社外消耗部品もありますが、他の部品に無理が掛かる場合もありますので、よく調べて使用する必要があります。

『Amazonで星4つ』 以上のおすすめ商品

ドライブレコーダー液晶搭載200万画素Full HD画質

  • 7000円程度と格安
  • エンジンスタートで自動録画、常時録画
  • 取り付け自体もスムーズ(自分で行いました。)
(続く:※引用)

カースロープ(カーランプ)2本セット

簡単に車体の前側を持ち上げる事ができます。これでオイル交換とフィルター交換が簡単に出来ますね。 (続く:※引用)

風の谷のナウシカ 全7巻セット (コミックス)

映画化されたのは第2巻くらいまでになります。 その後、ナウシカは王蟲や腐海の謎を解くために、自らの意志で風の谷を離れ南の森を目指し旅立ちます。 (続く:※引用)

ワイルド・スピード [DVD]

アメリカ映画でこれほどの日本車がかっこよく登場する映画が公開される日が来るとは!。車フリークでなくとも、楽しめます。 (続く:※引用)

マグチューンエボリューション

「燃費改善」をうたうグッズは、規制によって店頭からほとんど姿を消してしまいました。 (続く:※引用)

関連記事

キャビテーション

キャビテーションとは?気泡が配管を破壊

キャビテーションとは、エンジン冷却水(LLC)な

記事を読む

排気

排気量とは?総排気量の計算方法&公式

排気量とは、エンジンがシリンダー内へどれほどの空

記事を読む

溶岩

鋳造とは?複雑な形の金属を「非切削加工」で作り出す!

鋳造(ちゅうぞう)とは、溶融状態の金属を鋳型(い

記事を読む

鍛造

鍛造とは?メリット・デメリット

鍛造(たんぞう)とは、金属を加熱した後、ハンマー

記事を読む

シフトチェンジ

シフトチェンジとは?オートマ車ATシフトの動き

シフトチェンジとは、車のシフトレバー(セレクトレ

記事を読む

青い炎

アフターファイヤーとは?原因と対策、やり方まで

アフターファイヤーとは、エンジン内部で燃焼しきれ

記事を読む

電動インパクトレンチ

インパクトレンチとは?タイヤを外す電動式も…

インパクトレンチとは、タイヤや19mm以上のボルトを

記事を読む

ホイール

インチ(インチアップ)とは?燃費へのメリット、デメリット

インチアップとは、タイヤの外径を変えずにホイール

記事を読む

アイドリング

アイドリングとは?燃料消費量からアイドリング回転数の調整?

アイドリングとは、エンジン始動後の無負荷状態(何

記事を読む

道

アイドリングストップとは?メリット・デメリットその効果

アイドリングストップとは、信号待ちなどの停車時に

記事を読む

PAGE TOP ↑